婚約指輪購入の流れ〜セミオーダーの場合〜

フルオーダーには手が届かなくても、セミオーダーなら手が届くというカップルが増えてきています。なぜなら、既製品の婚約指輪と、それほど大きな価格の差がなくなってきているからです。

 

それだけではなく、デザイン性や品質も、引けを取らなくなってきていますので、満足度も高いんですね。

 

そこで今回は、セミオーダーで婚約指輪を購入した場合の、一連の流れについてご紹介していくことにしましょう。

 

 

 

まず、セミオーダーの場合、あらかじめ用意されているダイヤモンドルースと、リングのデザインを選んでいきます。

 

ここで気になるのは、どのくらいの種類が用意されているのかということですが、これはお店によって全く違ってきます。

 

数十種類というところもあれば、数万パターン用意されていることもあるのです。ちなみに、種類が多ければ良いかというと、そういうわけでもありません。

 

中には、種類はそれほど多くはなくても、ダイヤの品質が非常に良かったり、リングのデザインが他のお店にはない、可愛らしいものだったりするからです。

 

見分け方としては、口コミ情報を参考にしたり、実際にお店まで足を運んでみたりする方法がありますが、鑑定書が付いてくるかどうかもチェックしておくことをおすすめします。

 

また、どこの機関が鑑定書を出しているのかも、しっかりとチェックしておきましょう。HRD、GIA、EGL、IGI、であれば、非常にダイヤモンドの質が高いことが分かります。

 

日本国内の機関としては、中央宝石研究所、GIA JAPANが特に有名です。

 

その後、見積もりを出してもらい、内容に問題がなければ、いよいよ製作に入りますが、フルオーダーの時とは違い、ゼロから作り始めるわけではないため、最短で数週間、長くても1ヶ月程度で完成します。

 

 

 

以上が、セミオーダーで婚約指輪を購入した場合の一通りの流れです。直接お店で受け取ることも可能ですが、郵送で送ってくれるお店もありますので、相談してみると良いでしょう。

 

セミオーダーとはいえ、ダイヤモンドルースとリングの組み合わせパターンは、かなりの数となりますので、他の人とかぶりたくない女性におすすめです。